カラコンを安全に取扱うためには

カラコンは安全なものを購入することも重要ですが、安全に取り扱うことも重要です。例えば正しいケア方法を心がけます。使い捨て以外のカラコンは使用するだけでなく、洗浄したり保管しなければなりません。初心者の方の中にはレンズの汚れを洗うために水道水を利用する方もいます。しかし、この洗浄方法は誤りです。

洗浄するためには洗浄用保存液を使用します。通販でも販売されており、レンズの購入時に一緒に洗浄用保存液を購入しましょう。手のひらにレンズをのせて洗浄用保存液を手のひらに適量垂らします。レンズを洗浄する時は指を前後に動かし、円を描くように擦らないように気をつけます。また、保存をする時は水道水ではなく、レンズケースの中に洗浄用保存液を入れてからその中心にレンズを入れます。

洗浄だけでなく、他人のレンズを借りたり自分のカラコンを貸すことは控えましょう。メガネであれば然程問題ありませんが、カラコンは眼球に直接接触するため、貸し借りをすれば感染症を患う危険性があります。万が一友達に貸してほしいと言われても、適切な理由を述べて断るようにしましょう。

また、夜間の運転は瞳孔が開くため、カラー部分が瞳孔と重なり視界が悪くなる恐れがあります。夜間の運転時は装用を控えてください。